岡山市で甲状腺・内分泌代謝疾患を専門として、バセドウ病・橋本病などの甲状腺機能異常の患者様を多く診させて頂いています。甲状腺エコー・細胞診検査を用いた甲状腺腫瘍性疾患の診断も行っています。

スタッフ紹介

  • HOME »
  • スタッフ紹介

スタッフ紹介

院長 鈴木 二郎Jiro Suzuki

当院は平成2年に東山電停近くで開業し、平成17年に現在地に新設移転しました。平成22年10月より前院長の父から引き継いで私が診療を行っています。地域に根差した医療を心がけており、内科一般疾患に対する診療に加え、在宅往診・在宅での看取りなどにもできる限り対応させて頂いています。

また甲状腺・内分泌代謝疾患を専門としており、バセドウ病・橋本病などの甲状腺機能異常の患者様を多く診させて頂いています。甲状腺エコー・細胞診検査を用いた甲状腺腫瘍性疾患の診断も行っています。甲状腺疾患は若年女性の「初めての病気」となる場合が多く、妊娠・出産年齢と重なることもありデリケートな問題となることがあります。患者様自身にも理解を深めてもらい、安心して共に治療に臨んで頂くことを考え診療を行っています。

img-doctor01
経歴
平成9年 高知医科大学 卒業
岡山大学 腎・免疫・内分泌代謝内科学
岡山大学 内分泌センター にて勤務
平成22年より 岡山大学 非常勤講師
平成22年10月 鈴木内科医院 院長就任
所属学会

日本内科学会、日本内分泌学会、日本甲状腺学会

資格

甲状腺学会専門医、内分泌学会専門医、内科学会認定医

学術論文(筆頭著者のもの)
  • Novel action of activin and bone morphogenetic protein in regulating aldosterone production by human adrenocortical cells. Endocrinology 2004 Feb; 145(2):639-49
  • Functional roles of the bone morphogenetic protein system in thyrotropin signaling in porcine thyroid cells. Biochemical and Biophysical Research Communications 2005 Feb 25; 327(4):1124-30
  • An aberrant ACTH-producing ectopic pituitary adenoma in the sphenoid sinus. Endocr J. 2004 Feb; 51(1):97-103.
  • Enhanced expression of bone morphogenetic protein system in aldosterone-treated mouse kidneys. Hypertens Res. 2012 Mar; 35(3):312-7.

名誉理事 鈴木 信也Shinya Suzuki

患者さんの話をなるべく詳しくお聞きし、より丁寧な診察を心掛けて診療することをモットーに、平成2年岡山市東山で開業致しました。

また、20年余りの岡山大学病院での甲状腺外来の経験を活かし、専門的な分野も気軽にできる診療所を目指して頑張ってきました。

img-doctor02
経歴
昭和35年 岡山大学医学部 卒業
岡山大学第3内科(現 腎・免疫・内分泌代謝内科学)助教授
平成2年 鈴木内科医院 開院
資格

日本甲状腺学会功労評議員

甲状腺疾患/一般内科 TEL 086-273-0101 受付時間 9:00 - 18:00[木・日・祝日除く]

アクセス

[岡電バス]

「国清寺前」バス停又は「協立病院前」バス停下車 徒歩5分

[路面電車]

『東山』行き「門田屋敷」電停下車 徒歩7分

P 当院前駐車場5台
鈴木内科医院周辺マップ
鈴木内科医院周辺マップ

[隣のフレスタ駐車場も自由にご利用いただけます]

甲状腺疾患チェックシート

Check Here!

よくある質問

PAGETOP
Copyright © 2015 鈴木内科医院サイト All Rights Reserved.